本当の人生はじめました

本来の人生、はじめました

やりたいことをやって有意義な人生を歩んでいきます

札幌でのマンション探しの記録(事前情報収集編)

内見日記の続きです。

enjoytruelife.hatenablog.com

調査に使用した情報

物件情報

Home'sや地場の不動産会社のサイト等も見ましたが、結果的にはsuumoとathomeを見るだけで事足りました。特別な事情が無い限り、売主としても広く広告してもらってたくさんの人に見てもらいたいでしょうから当然の結果です。

住所の確認

athomeや suumoの住所表示は丁目くらいまでしか書いていないので、こちらのサイトで住所を確認しました。

www.mansion-review.jp

住所は以下の地番、地盤の状態、回線の状況を確認するのに必要です。回線の確認をするには郵便番号も知っておいた方が楽なので、住所のついでに郵便番号も確認します。

www.post.japanpost.jp

地番・建築確認日の確認

建物が新耐震か旧耐震かを判断するには竣工日でアタリをつけますが、微妙な竣工日(1982年くらい)の時には建築確認日を調べます。

建築確認日はその物件が建っている市町村の建築確認課かそれに類する窓口への電話で確認することができますが、その際には住所ではなく地番が必要です。

地番は以下のサイトで無料で確認できます(要ユーザー登録)。

www1.touki.or.jp

同じサイトで全部事項証明書も入手できる*1ので、抵当権の状態や他に債権者がいるかどうか等の確認をその場ですぐにしたい場合には便利です。

価格妥当性の確認

物件価格や管理費・修繕積立金の妥当性を確認するのに使いました(要ユーザー登録)。

self-in.com

ログイン後のメニューの「物件を診断する」でathomeやsuumoの物件URLを貼り付けると診断できます。同じ仲介業者が広告掲載している部屋でもsuumoとathomeで掲載内容が少し変わることがあるので、両方のURLを貼り付けて確認したほうが良いと思います。

地盤の確認

マンションが建っている土地がどんな状態なのかをこちらで確認することができます。

supportmap.jp

内見した物件のうち、後半に見た本気度が高かったものは全て以下でした。札幌市中央区だとどこも大して変わらないと思います。

  • 地震時の揺れやすさ: 2
  • 液状化の可能性: 2
  • 浸水の可能性: 0.5m-3.0m未満
  • 土砂災害の可能性: 無

固定回線の確認

入っている可能性が高い順に確認しました。

flets.com

www.au.com

www.jcom.co.jp

これでもわからなければ仲介業者の担当者に聞いて確認しました。仲介業者はITにはあまり詳しくないことが多いので、回線事業者の名前だけを聞いて詳細は自分でその会社のWebサイトを見て調べるのが良いです。例えばマンション内はVDSLでもMDFまでは光ケーブルが来ているので「光です」と言っても嘘ではありませんが、高速回線が必要な人が光配線方式だと誤認して購入してしまうと後で大変なことになる可能性があります。

NTT東の場合は電話(0120116116)も併用しました。電話で確認すると「他の業者の光ケーブルが入っている可能性がある」や「建物のMDFまですらも光ケーブルが来ていない」等の詳細を教えてくれることもあります。

そもそも光配線へのニーズが無いのか、ニーズはあるものの技術的な制限から工事ができないのかは過去分の総会議事録を見てヒントを探しますが、内見の時点で過去数回分の総会議事録が用意されていることは稀なので期待できません。

モバイルルーターの利用を想定している場合は各回線キャリアのWebサイトでエリアを確認し、必要に応じて内見の際に電波状況を確認しましょう。

事件・事故があったかどうかの確認

みなさんご存じのサイトを使います。

www.oshimaland.co.jp

人は誰でもいつかは死ぬので室内での自殺や自然死は全く気にしません。安くなるのであれば多少跡がついていたりしても問題ありません。どうせ全部壊すわけですし。また、何かが見えると感じるほどには自律神経を失っていないつもりですが、未解決事件があったりすると少し身構えてしまします。

口コミ

ユーザー登録して口コミを投稿するとポイントがもらえ、他のマンションのネガティブコメントを100ポイントで見られるようになります。

https://www.mansion-note.comwww.mansion-note.com

ただ、ポイント欲しさのための書き殴りのような一言コメントが多いし、いつ時点のことなのかが曖昧なので話半分に見るレベルではあります。







差し支えなければ応援のためにバナーをタップしていただけると嬉しいです。




*1:330円かかります