本当の人生はじめました

本来の人生、はじめました

やりたいことをやって有意義な人生を歩んでいきます

洞爺湖キャンプとオロフレ山と中島

8月の下旬に洞爺湖までキャンプをしに行ってきました。

旅程

1日目: 自宅 → オロフレ山 → 農産物直売所 サムズ → 仲洞爺キャンプ場
2日目: 仲洞爺キャンプ場 → 中島(周回) → 千歳農産物直売所 旬菜の館 → 自宅

1日目

2021年の夏にもオロフレ山に行きましたが、その時は生憎山頂が雲の中で良い景色を見るという目的をほぼ果たせなかったためリベンジしました。この日は道中の風が少し強かったものの、無事行って帰って来られました。

オロフレ山山頂付近からの眺め

途中、洞爺湖近くの直売所で野菜と果物を買い求め、キャンプ場に行きました。車やバイクが30-40台くらいあり、混雑まではしていませんが、平日にしては少し人が多いかなという程度です。

ここのキャンプ場は浴場が併設されているので、焚き火で浴びた煙の匂いを洗い流してから寝ることができ良かったです。湖畔からは洞爺湖温泉で行われていた花火が小さく見えました。

2日目

前回キャンプをしたのは1年前の神奈川県の相模原市で、その時は徒歩で食べ物の量も少なく、その上気温が低くてよく眠れず大変だった覚えがありますが今回はアイマスクと耳栓を持って行ったので良く眠れました。満腹になった上に風呂で体を温めることができたのも良かったかもしれません。

隣のテントの自転車旅行の人が片付けをしている音で目が覚めたので、我々も朝食を食べて撤収し、途中のセコマでランチのおにぎりを購入し中島に行く遊覧船乗り場に行きました。

朝イチの便だったので乗客は中島にある施設の従業員がほとんどでした。船のスタッフがカモメにスナック菓子を与えていましたが、自然の恩恵を受けて商売をしている会社の人が動物のためにならない餌付けをして商売の道具にするのはダメだろうと思いながら見ていました。洞爺湖温泉から中島までは20分程度で、20世紀ぽい内装の船が郷愁を誘います。

中島を一周するには管理施設で受付をしなければならないため、そこで受付とトイレを済ませ、歩きで一周しました。

中島の地図

1周コースは3時間とありますが、普通の人のスピードで歩いて休憩や食事も考慮すると4時間を見ておいた方が安全です。湖の中にある島ということなので湖畔を歩くのが気持ち良いですが、その意味では時計回りに回った場合の後半部分(アカエゾマツ倒木以降)がよかったです。エゾジカも少数棲息しているようですが、今回は虫と鳥以外の生き物には遭遇しませんでした。

島からの帰りには30分に一度出ている船を利用します。

その後は一度千歳の直売所等に寄り家で使う野菜などを買い求めてから帰宅しました。

会計

費目 金額[円] コメント
レンタカー 8,685 36時間
ガソリン 2,436
キャンプ場 1,400
浴場 900
遊覧船 3,000 中島往復
食料品 3,411
877 紅葉樹5kg
合計 17,639

全体の感想

キャンプは久々でしたが、車で行って帰ってくるという荷物の制限があまり無いキャンプだったので、家の料理に近い食事で空腹感も無く満足できました。

8月に購入したタープを初めて使いましたが、昼間に長く滞在するキャンプではなく、晴れの日を狙って計画し、当日もどこかへ寄ってからキャンプ場に行き翌日の朝に撤収するようなスタイルの場合にはタープは必要無かったかもしれません。







差し支えなければ応援のためにバナーをタップしていただけると嬉しいです。