本当の人生はじめました

本来の人生、はじめました

やりたいことをやって有意義な人生を歩んでいきます

札幌在住は今の契約期間満了までで良いかなと思いました

まだ住民登録してから3ヶ月程度しか経っていませんが、タイトルのようなことを考えています。契約期間満了は2024年の2月末で、あと1年8ヶ月くらいあります。

そう思った理由を書いてみます。

期限を決めた理由

予想以上に気候が辛い

2021年の3月に神奈川から札幌に来た時は雪がかなり積もっており、札幌の玄関口と言える札幌駅周辺ですら歩くのに難儀するほどでした。駅前でこの状態なので、新居の近辺は3月下旬になっても雪がなくならず、まともに夏の靴で歩けるようになったのは4月になるかならないかというくらいの時期でした。

また、5月になっても暖房(備え付けのFFファンヒーター)を止めることができませんでしたが、もともと乾燥している上に暖房を使うので加湿器も必要です。今は6月上旬ですが、朝晩にファンヒーターをつけたい日がちょくちょくあります。しかし今シーズンの利用は終わったと思って加湿器の消耗品を処分して片付けてしまったので再び出しても使うことができず、乾燥に耐えられないため暖房も使えません。

寒いのはわかっていましたがそれよりも乾燥が辛く、しばしば喉の調子が悪くなるし妻の肌の調子も悪いです。

「寒い時の3-4ヶ月は避寒するからいいや」と住む前は思っていましたが、避寒する期間は長くても3ヶ月程度にとどめたいという希望がありながらも、札幌の気候であれば11月か12月から5月末までを避寒/避乾したいと考えてしまいます。ですがさすがに年の半分不在という状態ではその場所に住んでいる意味がありません。

[2022/6/8 追記] よく「北海道の家は断熱性能が優れていて暖房器具もハイパワーなので家では半袖でアイスを食べている」という話がありますが、私は半袖で生活してアイスを食べるほど暑くするほど無駄に燃料を消費するという考えはあまり好きではありません。

食べ物の好みが合わない

2021年の5,6,8,9月に滞在した時は今より食事に対する制限が無くジンギスカン、寿司、挙げ句の果てにセコマのカツ丼すら食べており「札幌サイコー」と思っていました。その後健康診断の結果等を受け健康的な食生活を考慮して今の食事(WFPB: Whole-foods, Plant-based)に落ち着きましたが、WFPBと札幌(北海道)は全く相いれません。

外食

プラントベースの食事を提供する普通の人*1がやっている店というのがほぼ無く、札幌ですら外食の選択肢が相当限られます。自炊ができない札幌以外だと直売所の野菜を買ってそのまま食べたりスーパーやコンビニのおにぎりを食べるくらいしか選択肢がありません。夏は果物が売っているのでまだマシです。

いくら北海道は広いから色々見るところがあると言っても、食事が満足にできないと出かける気にはならず、行ける場所も自ずと限られてしまいます。そんな中でもコロナ前は非アジアの外国人観光客で賑わっていたニセコは比較的マシです。今は超短期旅行の食事はホテルの朝食ビュッフェやスーパーのおにぎりで凌いでいます。

自炊

5月くらいまでは地元では野菜が摂れないため内地からの輸入品を買わざるを得ませんが、新鮮な野菜の入手性が悪い上に高く、自炊で使える野菜の種類が相当限られてしまいます。

国内外へのアクセスが今ひとつ

日本の端から端なので仕方ありませんが、沖縄への直行便がPeachしかなく競争が無いためか高いです。セールを狙わない限りはLCCなのに往復で4万円くらいします。

地理的にはロシアが近くなので一度は行ってみたいと思っていましたが、ウラジオストクへ行くには成田経由になってしまうし、稚内からサハリンのコルサコフへの船も2019年から航行していません。

いつ、どこへ?

色々書きましたが、耐え難いので一刻も早く脱北*2したいというほどではないし、まだ少し行きたいところもあるので、それをこなしつつ契約期間満了までは札幌での生活をエンジョイするつもりです。なにせ6月から9月はレンタカーが高いもののベストシーズンですし。昼ですらまだ寒いですが。

次の居住地は福岡市の西端か糸島を考えています。

福岡の街中は人が多く1月が寒かったことを覚えていますが、福岡や糸島には我々の食生活に合ったレストランがあるし特に糸島にはおしゃれな店が多い上に日本最大の売り上げの直売所もあるので食生活は充実するでしょう。今まで住んだどの町よりも田舎なのでついに車を持つことになると思いますが、車による行動範囲の拡大は楽しみです。夏の暑さは不安ですが、1ヶ月程度避暑すれば良いというだけのことです。

糸島は福岡の滞在中に一度買い物やカフェで寄っただけなので、じっくり見るために来年になったら一度行ってみたいと思います。

もちろん部屋を借りられるかどうかという最大の難関を越えなければなりませんが、贅沢を言わなければなんとかなるとは思っています。借りられなかったら札幌に継続して住むだけです。

札幌在住中にやりたいこと

一応2024年2月末という期限を設けたので、それまでにやっておきたいことを積極的にやるようにしたいです。

以下はパッと思いつくやりたいことリストです。内地からだと天気の良い日を狙って来るのは難しいので、札幌在住ならではのメリットを活かしつつ楽しんでいければと思います。

  1. 知床の1週間滞在と周辺散策
  2. おたる水族館
  3. 雪まつり
  4. ホワイトイルミネーション
  5. 北大の紅葉
  6. 北海道鉄道技術館
  7. 札幌市水道記念館
  8. 幌見峠
  9. 旭山動物園
  10. 桜庭牧場
  11. 洞爺湖
  12. 網走刑務所







差し支えなければ応援のためにバナーをタップしていただけると嬉しいです。




*1:コロナ下においてもマスク等無しで営業を続けている拗らせた自然派みたいな店以外

*2:北海道在住者が北海道から逃れること