本当の人生はじめました

本来の人生、はじめました

やりたいことをやって有意義な人生を歩んでいきます

2022年1月のまとめ: 凍える福岡から血管が緩む那覇へ

1月の半ばに寒い福岡での滞在を終え那覇に移動しました。

福岡滞在関連

年始から2週間いた福岡では寒くてあまり動けませんでした。

遠出はせず、ちょっと高めのレストランにランチを食べに行ったのと動物園目当てで海の中道海浜公園に行きました。

動物園内の日向で日光浴をするカンガルー

長時間出歩く気力もなかったので、近場の散歩は大濠公園や桜坂、六本松に行ったくらいです。六本松は洗練されたカフェやその他の個人店が割とたくさんあり、滞在先の千代県庁前よりも住むには良さそうな場所だと思いました。

六本松付近のカフェ

福岡では冬真っ盛りだというのにスーパーマーケットで葉物野菜が普通の価格で入手できるのは有り難かったです。また他の野菜も神奈川より入手性が良く、日々食べていた具沢山味噌汁の具に困ることはありませんでした。

気候は思ったよりかなり寒かったので、もし在住するなら冬の間はどこかに避難する必要があるでしょう。

外食

地元産の食材を使用したノルディック料理があるということだったのでどんなものかと期待して行きましたが大変美味しかったです。

restaurant-snow.com

ランチコースはデザートにかなり力が入っているようだったのですが、甘いものを大量摂取すると体調が悪化するためディナーのコースを注文しました。ランチコースとの価格差を考慮しなければ正解でしたが、ランチコースの他のお客さんとほぼ同時進行だったため、どの料理が価格差の源泉なのかが如実にわかってしまい、価格差が結構あった割に違いが少なく若干がっかりしました。

ディナーコースお品書き

那覇滞在関連

日本の他の地方に先立ってオミクロン株が流行していたためか那覇空港はガラガラでした。

飛行機の移動は、異なる気候のエリアに移動して到着後に機外へ一歩踏み出した時の空気を感じるのが好きでいつも楽しみなのですが、今回はアメリカあたりの空港と同じような匂いと亜熱帯を主張するかのような湿度に迎えられテンションが上がりました。

空港から外に出ると福岡で必須だった手袋・ニット帽・レギンス・重ねばき用靴下は直ちに不要になりました。1月の昼間の最高気温は概ね10度台後半から20度台前半で、寒めの10度台の日は半袖Tシャツにライトダウンを着てちょうど良いくらいです。さすがに台湾や東南アジアよりは寒いですが、国内の比較的気軽に行ける場所がこの気温であれば御の字だと思います。

滞在場所は那覇市の壺川という地区ですが、モノレールも使えるし格安レンタカーの店も近く、海まで歩いて行け食材の調達にも困らない便利な場所なので生活するには良いところです。今の所のお気に入りの店は樋川にある奥間青果、その向かいにあるのうれんファーム、壺川にあるミツシゲです。

観光としては一度美ら海水族館に行きましたが、那覇からだと一日かかってしまったので、滞在中に北部も散策しようと思っていましたが名護より更に北まで行くと一日で往復するのはきつそうです。今度来た時には中部に滞在してみようと思います。

美ら海水族館でイルカショーの開始を待つ人々

沖縄にはこれまで4回くらい来ていますが、那覇の街中をまともに散策したのは今回が初めてです。家並みや街の風景は地区によっては日本離れしており台湾やタイに若干近く、少し懐かしい気分になります。北海道が好きなのは自然の風景が日本離れしているところですが、似たような理由で沖縄も好きになりました。

気候面では雨が多いものの日本国内で冬を越す場所としては最高で、食材に関しても地元独特のもの中心に良いものがたくさんあり特に困ることはありません。福岡やその他の都市と比較して洗練されたカフェが少ないし現金決済の店ばかりな上、月1-2の少し豪華な外食ランチに行きたくなるようなレストランが無いのは少し残念ですが気候の良さで全てが帳消しになります。

3-6-9 Liver Rescue Cleanse

妻が福岡で献血をしたときに実施した血液の診断結果があまり良くなかったので、表記のクレンズをしてみることにしました。

avenlylanefitness.com

大量のりんごとセロリを通販で購入し、その他に必要とする食材はほとんど地元で揃えましたが、9日間に渡る制限はなかなかキツくもう二度とやりたくないです。芽キャベツやズッキーニを大量に食べることになるのですが、しばらくの間芽キャベツは見たくないです。

妻はまたやっても良いと言っていましたがその時は私は横から見ているだけにします。

引越し関連

那覇滞在中に持ち家のマンションに関する進捗があり、買主のローン本審査が無事に通過し手付解除期限も過ぎました。これであとは買主が違約金(購入代金の10%)を支払ってでも購入を取り止めたいと言い出すか自然災害等で部屋が使えない状態にならない限りは取りやめになることはありません。手付にプラスして100万円以上出しても取り止めたいということにはならないでしょうから、まあ大丈夫でしょう。あとは私も買主もコロナなどを患って重篤化することなく無事に引き渡し日を迎えられればと思います。

持ち家からの退去がいよいよ現実的になってきたので、1月に住まい探しと引越しの手配をしました。

両方とも1月中に完結しあとは引っ越すだけになったのでもう後戻りはできず、もし何らかの事情で持ち家の契約が解除になってしまったら空き家の状態で販売活動を続けることになります。賃貸の方の詳細については別の記事で書きます。

資産

Numbersをアップデートしました。前月比は-4.6%で、集計を開始してからの下げ幅としては最大でした。

リスク資産の割合は57.8%で目標に対し2.2%乖離しているので、次の集計までこの水準のままなら3月の初頭にリスク資産購入でのリバランスを行います。

支出

不動産関連の書類を取りに一度福岡から神奈川の持ち家に行ったので交通費が嵩みました。推移はNumbersをご覧ください。

費目 支出[%] メモ
食費 11.7
外食 4.8
交通費 6.7 航空券(福岡-羽田往復)
車両代 0.6
ガソリン 0.3
自動車その他 0.0
交際費 0.0
特別な支出 0.1
趣味・娯楽 0.9
水道・光熱費 0.3
衣類・美容 0.0
日用品 0.1
通信費 0.9
その他 9.8 賃貸住宅関連、クレカ年会費
住宅 62.5 賃貸初期費用
医療費 1.2
税・社会保険 0.0
保険 0.0
教育・教養 0.0
ポイント使用 0.1

映像コンテンツ

Paypalの1,000円分クーポンをもらったのでいくつかの動画を購入したということは12月のまとめで書きましたが、1月に残り2作品を見ました。

hark3.com

イギリスの有名人によるグルメ取材旅行を記録した映画です。日本で言うとお笑い芸人による食べ歩き番組のような感じでしょうか。出演している人について全く知識が無いこともあり面白さがよくわからなかったし、出てくる料理も肉魚ばかりでさほど食指が動きませんでした。

eiga.com

私の大好きなタイ(チェンマイ)で撮影された映画でタイの風景等を楽しめました。話の展開もスリルやサスペンスなどとは無縁の穏やかなもので、日本映画・ドラマあるあるの妙に感情的な登場人物や絶叫、ボソボソ喋りも無くて良かったです。もう少し現地の文化や人との触れ合いが欲しかったなとは思いました。

読書

12月から読み始めていたこちらを1月末になってようやく読了しました。

www.amazon.com

元々この本の作者である Michael Gregger の動画に影響を受けて月に1-2度の外食を除いてWFPBの食生活を始めましたが、本を読むことでWFPBの理由とそのやり方についての理解が深まりました。2015年の出版で少し古いので、今後もしアップデート版*1が出たら入手して再読したいです。







差し支えなければ応援のためにバナーをタップしていただけると嬉しいです。




*1:2019年に出版されたHow Not to Dietは減量を目的にした本なので、この本とは目的が異なります