本当の人生はじめました

本来の人生、はじめました

やりたいことをやって有意義な人生を歩んでいきます

最近の食生活(2021年11月)

リタイアすると時間の余裕が生まれ、家のことに時間を割くことができるので、食生活にも余裕が生まれます。

我々の場合、家の食事は栄養補給、外の食事はエンターテインメントという形で目的を分けています。よって家の食事は細かい部分は変わるものの大枠では同じです。

制限事項

最近は1ヶ月半くらいで居所を移動する生活をしているので、長期保存食や発酵食品の調理を諦めています。これから冬の終わりにかけて白菜が安いのでキムチや漬物を作ったりしたいのですが、嵩張って重量もあるガラス瓶の保存容器を持ち歩くわけにはいかないのでと思っていました。でも塩砂糖がたくさん入っている売り物の漬物を購入するよりは容器を別送してでも作った方が良かったと少し後悔しています。

最近の食生活

家で食べるもの

概ね以下のようなものを食べています。

朝: オートミール and 果物 and ナッツ入りサラダ
昼: 豆腐パッタイ or 豆野菜スープ or ポリヤル or サブジなど
夜: 魚 and ライス(玄米) and 野菜たっぷり味噌汁 and その他惣菜類 and 自家製納豆

朝から夕方まで外に出かけるような時(ハイキングなど)も、持参した食べ物を食べられそうな場所であればカレー味の蒸し野菜とライス(玄米)などを弁当として持参してランチで食べるようにしています。

サラダや味噌汁、惣菜の具にはなるべく近場で穫れた旬の食材を使うようにしています。理由は安くて美味しいからです。

保存容器は琺瑯のものを大小一つずつ持ってきていますが、大きい方は自家製納豆の製作&保存用に使っています。2020年にふるさと納税でもらった大豆を大量に持参しているので、1回分を一晩水に浸けて茹でて細かく切り、納豆菌を混ぜて容器に入れ24時間くらい電気あんかで保温すれば出来上がります。

外で食べるもの

外食はエンターテインメントとして一連のコースを楽しんで思い出に残るようなもの限定で行くようにしています。オーセンティックな中(広東)・仏・伊・和などは高級であっても大体味の予想がつくのでエンターテインメントとしては力不足であり、フローが多かったサラリーマンの時に何度か食べたのでもういいかなという気がしています。家での食事をアウトソースするような目的の外食にはよほどのことがない限り行かないし、テイクアウトや調理済みの惣菜の購入などもしません。

また、外食(テイクアウト、調理済みの惣菜を含む)はアルコールで味覚が麻痺した人でも味がわかるようにしているからなのか、喉を渇かせてドリンクの注文を誘発させるためなのか知りませんが基本的に塩、砂糖、油をふんだんに使っているため美味しくは感じるもののその反面体に悪いので、そのような食べ物は外食で月に1度か2度くらいだけ楽しむようにしています。厳密に決めているわけではありませんが外食の月あたりの予算はおよそ2万円なので、月に一度の場合は一人1万円、2度の場合は一人5,000円くらいで店を選ぶようにしています。

夜は食べ終わったら寛いで胃腸が落ち着いたら速やかに入浴して寝たいし、店からのドリンク注文圧力も強くドリンク税*1がかかるし、騒ぐ客がいると嫌なので外食はランチのみにしています。たまに夜しか営業していない店もありますが、残念ながらそういうお店とはご縁がなかったということで無いものとして扱っています。

カフェ

昔は週に2度以上はカフェに行っていましたが、飲食物の他に建物やインテリアを眺めて楽しんだり等の追加の経験ができるところ以外には行かなくなってしまいました。

ここ1-2ヶ月では、南禅寺の近くにあるブルーボトル京都と烏丸のAceホテルにあるスタンプタウン コーヒーロースターズに行きました。

f:id:adradren:20211126100609j:plain:w480

f:id:adradren:20211126100714j:plain:w480

ブルーボトルは古民家を改装したカフェなので建物や中庭を見ながら寛げてよかったです。スタンプタウンの方はAceホテルのロビーで寛ぎましたが、出たり入ったりする色々な人を見るのが面白かったです。







差し支えなければ応援のためにバナーをタップしていただけると嬉しいです。




*1:食べ物が食べたいだけなのに余計な費用という意味での"税"